目的別火災保険加入方法

火災保険の目的に合った加入をしましょう。

火災保険を選ぶとき、みなさんはどのような点に注目しますか? こちらでは、火災保険に加入する際にぜひチェックしておきたいポイントをご紹介します。もっとお得に、もっと安心にをテーマに、火災保険のプロが目的に合った火災保険の加入方法をアドバイスいたします!

1.地震保険も付けたい

「火災保険なんでも相談」「事例:3 地震保険は必要?」でも少し触れておりますが、今なんといっても災害対策の最重要課題は巨大地震の発生でしょう。
日本は世界でも有数の地震大国である以上仕方のない問題ではありますが、なんといっても今度起きるであろう首都直下地震や東南海地震は国家存亡の危機的状態になる可能性があります。
経済損失は計り知れないものになることは予想できます。
皆様のご家庭におきましての最低限の地震に対する備えはしておくべきでしょう。
それでは地震保険につきまして解説してまいります。

地震保険もつけたい
地震国・日本で安心して暮らすため、火災保険のご加入時はセットで地震保険をご検討されることをおすすめします。また、保険とは別にイロイロな防災対策用品を事前にそろえておくことは必要です。

2.家財も付けたい

火災保険といいますと建物だけに火災保険を契約する方がおりますが、契約の目的としましては「建物」「家財」というように分かれております。
家財道具というのはテレビやタンスや机・食器・洋服・プライベートパソコン・などなど一般的には家の中にある「動産」つまり建物に固定されていないものを言います。あるいは建物建築とは別に後付けされた、例えばクーラーなどを言います。

家財も守りたい
火災の被害は家だけではありません。火災保険で、大切な家財もしっかり補償してもらえるポイントをご紹介します。

3.保険料を安くしたい

火災保険料高いですよね。特に耐火建築ではない木造建築は高いですよね。コンクリートのマンションなどは木造に比べると驚くほど保険料お安いです。
これは危険度(リスク)に応じて保険料率が決まっているからです。
木造建築はコンクリート造りに比べて燃えやすい。延焼しやすいリスクがあります。

ですから皆さん「火災保険料を安くするためコンクリート造りの建物を建てましょう!!」というのは滑稽な話ですね。
もちろんコンクリート造り建物は防災上はかなりの利点がありますのでお勧めはします。

当サイトでは保険設計をするうえで危険(リスク)を判断し、必要のない補償を外し保険料を効率よく節減しましょうというお話です。

保険料を安くしたい
火災保険をはじめ各種保険に精通したプロが、割引制度を賢く使って、保険料を少しでも安くする方法をお教えします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました