プロが提案する火災保険比較サイト・火災保険比較.comへようこそ!

家財も守りたい

chattel1「火災保険は家が火事になったとき、または壊れたときに補償をしてもらうもの」とお考えですか? もちろん正解です。しかし、実際に火事・地震になったときには、家はもちろん、家財道具も多大な損害を受けてしまいます。

こちらでは火災などで損害を受けた家財の補償ポイントについてご紹介します。神戸の震災では、家財が転倒し、多くのけが人が出、また家財にも多くの損害が発生しました。(家財地震保険の必要性)

2010年(*)より家財の明記物件の規定が保険会社により異なります

(*)改定時期は保険会社により異なります。

東京海上日動 トータルアシスト住まいの保険

明記物件を廃止、一個または一組の価格が 30万円超の貴金属・宝石・書画・骨董・彫刻物・その他の美術品は明記しなくも1事故合計で 100万円を限度に自動的に補償します。最高 1000万円まで増額可能

日新火災 住宅安心保険、セコム損保 セコム安心マイホーム保険

  1. 貴金属、宝石、書画、骨とうなどで 1個または 1組の価額が 30万円を超えるもの
  2. 稿本(本などの原稿)、設計書、図案、証書、帳簿など

1は申込みの際、明記していただきませんと 30万円を限度のお支払いとなります。
2は申込みの際、明記していただきませんと保険金をお支払できません。

あいおいニッセイ同和 タフ・住まいの保険

貴金属、宝玉および宝石ならびに書画・骨董(とう)・彫刻物・その他の美術品については自動的に保険の対象に含まれますが、1個または 1組について 30万円を超える損害は損害の額を 30万円とみなします。家財明記物件特約を付帯することにより最高 1,000万円まで補償されます。

そのほか、家財道具全部の保険金額も別途決める必要があります。家財道具は思いのほかご家庭内にあるものです。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 047-334-4337 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 火災保険比較.com All Rights Reserved.